スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と毒薬

海と毒薬
海と毒薬

 
製作年: 1986年
出演者: 奥田瑛二 渡辺謙 西田健 岡田眞澄(岡田真澄) 成田三樹夫
監督: 熊井啓
製作: 滝島恵一郎
脚本: 熊井啓
原作: 遠藤周作
 

○あらすじ
86年製作の日本映画。
遠藤周作の同名の原作を映画化したもの。
1945年、九州帝国大学医学部で実際に行われた米兵捕虜の生体実験を題材にした映画。

引っ越した家の近くにある医院へ、持病を治療しに通う男。
男はやがて、その医院の医師・勝呂(すぐろ)が、かつての解剖実験事件に参加していた人物である事を知る。
彼は、助かる見込みのない患者である「おばはん」が実験材料として使われようとする事に憤りを感じるが、
教授たちに反対する事が出来なかった。当時、橋本教授と権藤教授は医学部長を争っていたが、
橋本は前部長の姪である田部夫人の手術に失敗し、死亡させてしまう。
名誉挽回するために、B-29の搭乗員の生体解剖を行い、勝呂と戸田も参加する事になる。
 
若き日の渡辺謙、奥田瑛二、岸田今日子などがで登場。
    

○感想
今回はずいぶんと変化球的な映画のレポートをします。

「海と毒薬」
 
バーン・バーンと銃声が鳴って、ああ戦争っていやだねじゃ
ワンパターンだしね。
でもこれ、実話をもとのストーリーってのには、驚いたぜよ。
これ見た世界の人が、また日本人を嫌いになってしまいそうな・・・

「どうせ捨てる患者」
 
「みんな死んでいく時代だぜ。」

渡辺謙のセリフが印象的だ。
死んでしまう患者はどうせ捨てる患者とでも言うのだろうか。
太平洋戦争でみんな死んでいく時代
 
あまりにも、悲観的でクールなセリフだ。
 
以外と日本人とは、「侍ニッポン」と強い精神を持っている
反面、心の冷たい人種のような気がするのは私だけだろうか・・・・。
 


 
 
スポンサーサイト

真夏のオリオン

真夏のオリオン
真夏のオリオン



出演者: 玉木宏 黄川田将也 堂珍嘉邦 太賀 平岡祐太 吉田栄作 北川景子
監督: 篠原哲雄
脚本: 長谷川康夫 飯田健三郎
原作: 池上司


○あらすじ
現代から幕開け。倉本いずみ(北川景子)のもとに手紙が届く。
それは第二次世界大戦当時、米軍の駆逐艦長だった人物の孫娘からのもの。
この手紙の真実を知ろうと、いずみは祖父を知る唯一の生存者、鈴木(鈴木瑞穂)を訪ねる。
鈴木はいずみに64年前の夏、1945年8月の体験を語り始める。
第二次世界大戦末期。鈴木が乗るイ-77の潜水艦。
そしてその艦長の倉本孝行(玉木宏)はイ-81の艦長、
有沢義彦(堂珍嘉邦)と海軍兵学校時代からの親友で、
倉本と有沢の妹、志津子は互いに想いを寄せる仲だった。
出航前、倉本は音大生だった志津子が彼の無事を願って作曲した
“真夏のオリオン”の楽譜を受け取る。そこには、“オリオンよ、愛する人を導け”
という手書きのメッセージが添えられていた。
彼らに立ち向かうのは米軍駆逐艦パーシバル。艦長のマイク・スチュワート(ディビッド・ウィニング)は、
日本軍の攻撃で弟を失っており、潜水艦撃沈に執念を燃やしていた。
パーシバルは、有沢のイ-88と対決するが、スチュワートの奇策に敗れしまう。
最後の砦は倉本のイ-77。潜水艦の残り酸素量の問題がある中、
体力の限りを尽くして、パーシバルに立ち向かう。
人間魚雷「天心」での攻撃を志願する特攻隊員たちに倉本は、
「俺たちは生きるために戦っているんだ」と説き伏せる。
 

○感想
実話を忠実に再現した戦争映画とは、ひとつ線を引いて見てよいでしょう。
鉄砲の音や爆弾の音パンパンバンバンのものではないからね。
潜水艦イ-77の艦長、倉本孝行(玉木宏)の部下や
命を大切にせよと特攻志願者を思いやる熱い男の人間ドラマだ。
この作品を当時の日本が兵隊をコマのような扱いをしていた
現実と比較するとあまりにもギャップがあるのでこれはこれで
映画作品として評価すべきであろう。
終戦の知らせを知った隊員が敵艦と最後、海上で向き合い
互いの兵隊同士を見つめているシーンは無茶ぶりな展開でもあるが、
さわやかエンディングということでしょか。

○時代・背景
現代→1945年8月→現代


○勝手に評価
総評(★5個Max)
★★★ (最後の展開が無茶ぶりすぎる・・)





DMM.com 動画

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙


監督 : クリント・イーストウッド
出演者:渡辺謙 裕木奈江 二宮和也 加瀬亮 伊原剛志 中村獅童
 

○あらすじ
1944年6月、ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。
陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)本土防衛の最後の砦とも言うべき
硫黄島の命運は、この男に託された。
部下に対する理不尽な体罰をも戒めた栗林に、
兵士たちは驚きの目を向ける。
今までのどの指揮官とも違う栗林との出会いは、
硫黄島での日々に絶望を感じていた西郷(二宮和也)に新たな希望を抱かせる。
栗林の指揮のもと、掘り進められる地下要塞。
島中に張りめぐらせたこのトンネルこそ、米軍を迎え撃つ栗林の秘策だったのだ。
1945年2月、硫黄島で海兵隊及び海軍合わせて約28万人からなる米軍の攻撃が開始され、
対する日本軍は約2万人。
栗林中将は死を急ぐことより、少しでも長く効果的な抵抗を続けるよう命じ続ける。
そう、最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために、
一日でも長くこの島を守り抜けと。
日本軍は実に36日間も、戦い続けたという過酷な実話。
 
○感想
クリント・イーストウッド監督、スピルバーグ製作の
『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島2部作の第2弾。
実は、このブログを書こうかなぁと思い始めた
きっかけとなった映画でした。
渡辺謙はもちろんのことですが、西郷役を演じた、
「二宮和也」もひかってましたね。
アイドルってとこで、ちょっとばかりの偏見があったことは嘘ではないです。
西郷は、忠誠心こそないものの、本土にいる家族のために、
最後の最後まで生き延びようと、必死に生きる。
どちらかというと、ヘタレ兵士なんだけど、
生きるために必死なところがよかったですね。
米軍からの盾とでもいえた硫黄島で、
死におびえながら、どんな気持ちでいたのだろう。
自分が西郷だったら、どうしたろうか・・・。
マジに考えさせられる、いい映画でした。
スピルバーグまで、巻き込んだ、
世界的な映画で、もう戦争はコリゴリだよって
全世界の人が思えればいいな・・・。



○時代・背景
1944年6月 ~ 1945年3月 硫黄島の戦い


○勝手に評価
総評(★5個Max)
★★★★☆  
硫黄島での兵士達の気持ち、活動、決戦の臨場感がきっちり描かれている。


  
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

きけ わだつみの声

きけ、わだつみの声
きけ、わだつみの声

○あらすじ
ラグビー場で仲間たちとスクラムを組んでいた鶴谷勇介が、
タイムスリップして、第二次世界大戦中の「出陣学徒壮行会」
の場面より・・・・。
陸軍少尉に任官された勝村(織田裕二)は、相原(風間トオル)とともにフィリピン戦線へ。
航空隊に入隊した芥川(仲村トオル)は、特攻志願者となり、沖縄戦線へ。
鶴谷(緒方直人)は兵隊徴収命令(赤紙)を放棄し、逃亡者となる。
タイムスリップと同時に出会う、
勝村寛、相原守、芥川雄三と鶴谷の4人の
わだつみ集にもとづくストーリー。
 
○感想
フィリピン戦線、特攻志願者、逃亡者の3つのストーリーを結ぶのに
多少、あらけずりなストーリー構成になっていたが、主眼は、
戦争に借り出されたこの4人の学生は、
「戦争は、間違っているんだ」ということを
胸に秘めながらも、行動していたということではないかと思う。
決して、本心から日本が勝つ為にと思っていたわけではないんだ。
みんな妻や、家族、そして命が大切だという事をわかっていたんだ。
  
この映画の公開当時の連ドラでは、織田裕二、的場浩二、緒形直人、
この3人の組み合わせが多かった記憶がある。
その3人が、またもやこの映画でも共演。
おそらく、そういった連ドラ・ファンもこの映画を見に行ったことであろう。
そんなファンにおいても、従軍慰安婦や、兵隊徴収から逃げた
鶴谷の家族が非国民よばわりされるシーンは、強烈だったでしょう。 
 
でもこれが、事実、過去の日本の姿だったんですね。


○時代・背景
1995年  夏  神宮外苑の国立競技場
   ↓
 1943年10月21日 出陣学徒壮行会
 ~フィリピン戦線
 ~沖縄戦線
 ~原爆投下
   ↓
1995年  夏  神宮外苑の国立競技場
 
あっ、この説明でだいたい内容が・・・w



○勝手に評価
総評(★5個Max)
★★★☆ (3つのストーリーをむりやり繋げた感も・・)
 

 


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

日本の戦争映画について、書いていきたいと思います。

はじめまして。龍之介と申します。
 
日本の戦争映画について、あーだこーだと、書いていきたいと思います
ブログタイトルの通り、戦争は、映画やテレビ、歴史書等から
知った人間です。
 
今や、先進国となった日本において、
「戦争」という、すわまじい出来事が
起きていた事を私達は、知るべきだし、
日本を守る為、命をかけて戦った人達のことを
伝えていく必要があると思います。
 
まぁ、堅苦しい話うんぬんより、私は、映画を見ることをお勧めします。
 
役者が好きだとか、映像が迫力がある・・・だとか、
映画の見方は人それぞれでしょう。
 
当然、映画は、話を作りこみ、実際の歴史とは、異なる場合もあります。
 
それは、それで良しとして、このブログでは、
作品の良し悪し、役者の良し悪し、
歴史的にどーのこーの等
いろいろな側面から、感想を書けたらと思います。
 
もし、皆様の参考となれば幸いでございます★⌒(@^-゜@)v
DMM シネマパラダイス
DMM.com 動画 シネマパラダイス
プロフィール

龍之介

Author:龍之介
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
㈱メディカル・コンシェルジュ
DMM.com 動画
DMM.com 動画
リンク
RSSリンクの表示
UNICON
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。