スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏のオリオン

真夏のオリオン
真夏のオリオン



出演者: 玉木宏 黄川田将也 堂珍嘉邦 太賀 平岡祐太 吉田栄作 北川景子
監督: 篠原哲雄
脚本: 長谷川康夫 飯田健三郎
原作: 池上司


○あらすじ
現代から幕開け。倉本いずみ(北川景子)のもとに手紙が届く。
それは第二次世界大戦当時、米軍の駆逐艦長だった人物の孫娘からのもの。
この手紙の真実を知ろうと、いずみは祖父を知る唯一の生存者、鈴木(鈴木瑞穂)を訪ねる。
鈴木はいずみに64年前の夏、1945年8月の体験を語り始める。
第二次世界大戦末期。鈴木が乗るイ-77の潜水艦。
そしてその艦長の倉本孝行(玉木宏)はイ-81の艦長、
有沢義彦(堂珍嘉邦)と海軍兵学校時代からの親友で、
倉本と有沢の妹、志津子は互いに想いを寄せる仲だった。
出航前、倉本は音大生だった志津子が彼の無事を願って作曲した
“真夏のオリオン”の楽譜を受け取る。そこには、“オリオンよ、愛する人を導け”
という手書きのメッセージが添えられていた。
彼らに立ち向かうのは米軍駆逐艦パーシバル。艦長のマイク・スチュワート(ディビッド・ウィニング)は、
日本軍の攻撃で弟を失っており、潜水艦撃沈に執念を燃やしていた。
パーシバルは、有沢のイ-88と対決するが、スチュワートの奇策に敗れしまう。
最後の砦は倉本のイ-77。潜水艦の残り酸素量の問題がある中、
体力の限りを尽くして、パーシバルに立ち向かう。
人間魚雷「天心」での攻撃を志願する特攻隊員たちに倉本は、
「俺たちは生きるために戦っているんだ」と説き伏せる。
 

○感想
実話を忠実に再現した戦争映画とは、ひとつ線を引いて見てよいでしょう。
鉄砲の音や爆弾の音パンパンバンバンのものではないからね。
潜水艦イ-77の艦長、倉本孝行(玉木宏)の部下や
命を大切にせよと特攻志願者を思いやる熱い男の人間ドラマだ。
この作品を当時の日本が兵隊をコマのような扱いをしていた
現実と比較するとあまりにもギャップがあるのでこれはこれで
映画作品として評価すべきであろう。
終戦の知らせを知った隊員が敵艦と最後、海上で向き合い
互いの兵隊同士を見つめているシーンは無茶ぶりな展開でもあるが、
さわやかエンディングということでしょか。

○時代・背景
現代→1945年8月→現代


○勝手に評価
総評(★5個Max)
★★★ (最後の展開が無茶ぶりすぎる・・)





DMM.com 動画
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

DMM シネマパラダイス
DMM.com 動画 シネマパラダイス
プロフィール

龍之介

Author:龍之介
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
㈱メディカル・コンシェルジュ
DMM.com 動画
DMM.com 動画
リンク
RSSリンクの表示
UNICON
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。